BBクリーム CCクリーム 違い

BBクリームとCCクリームの違いは?

 

そもそもBBクリームって?

韓国コスメで火がついて日本に渡ってきたBBクリーム。

 

そもそもBBクリームってどういうものでどこから来たのでしょう。
じつはBBクリームの発祥の地はドイツなんだそうです。

 

BBクリームは「Blemish Balm」の略。
傷につける軟膏という意味です。

 

ドイツの皮膚科でピーリングや手術などの治療後の肌を保護するために開発されたものだそうです。

 

それが整形やレーザー治療が一般的に浸透している美容大国の韓国の女性たちのあいだで使われるようになり、さらには美容成分やUVケア成分なども加えながら進化し、一般的に使われるようになり・・・さらには韓流ブームで日本にも広まったというわけなんです。

 

このような由来からBBクリームには肌の保護する働きやカバー力、スキンケア効果など多くの機能を兼ね備えたコスメなんです。

CCクリームとは?

一方でCCクリームは「Color Control]、「Complete Correction」などメーカーによっても違うようで明確なものはなさそうです。

 

ですが、BBクリームのように肌に欠点をしっかりカバーするというよりは、肌の色を補正してきれいにみせる効果が高く、より自然な仕上がりになります。

 

スキンケア効果が高く素肌感を重視して透明感のあるナチュラルメイクに仕上げるのがCCクリームですね。

 

BBクリームとCCクリーム、どちらがおすすめ?

BBクリームとCCクリーム、どちらを使った方がいいかはなにを重視するか、どのような仕上がりがいいかによって変わります。

 

肌の欠点をしっかりカバーしてアイメイクなどのポイントメイクもキッチリしたい場合はBBクリーム。

 

BBクリームよりも自然で透明感のある仕上がりにしたい場合はCCクリーム。

 

基本的にはCCクリームの方が薄づきですが、現在は種類も豊富で美容成分もそれぞれ異なり、商品によってはカバー力の高いものもあるので一概にはどちらがおすすめとは言い切れないのが現状です。